価格と利益

トップ  > 価格と利益

メキシコならではの関税率の低さも、大きな魅力のひとつ。

日本・メキシコ経済連携協定の締結により、メキシコ産豚肉の関税は、他国産の豚肉に比べて優遇されています。アメリカやデンマークなどの関税率4.3%に比べて、メキシコの関税率は2.2%。この関税率の低さによって、価格の優位生が生まれ、仕入れコストの軽減にも貢献します。

こうした関税率の低さもメキシカンポークの魅力のひとつと言えます。